¥189/1L

表題の数字は私の近所のガソリン(ハイオク)単価です。

ガソリン暫定税率の期限切れにより一時は値段が下がったものの、4月30日に衆議院可決後から60日が経過しても参議院が議決しなかったことから、衆議院はみなし否決をした上で再可決をし、1ヶ月で暫定税率が復活いたしました。
これによりガソリンの価格は一気に急上昇し、巷では1リットル単価200円を上回るのも時間の問題と囁かれています。

こんな話を聞くと悪いイメージばかりになりますが、私の周囲に少し変わった異変が起っています。
ここ最近は車を使うケースが多いのですが、ガソリン高騰の為か、道が凄く空いているのです。
都内では渋滞の名所と言われる新宿の「大ガード西」や「新宿御苑トンネル」などがガラガラで、首都高速に至っては「浜崎橋」や「箱崎」といった、名前を聞いただけでも渋滞のイメージしかない場所も比較的空いています。
こんな現状を見てしまうと、今までは随分と無駄に車が走っていたかと思います。

7月27日の鹿島アントラーズ戦、通年と比べるとやはり渋滞は減少傾向なのですかね?
今年もマイカーでアクセス予定ですが、鹿島スタジアムは「陸の孤島」だけに何ら変わらないのかも知れません。

あと2年動いてね!

最近は呪われているかの如く、私のポンコツ車が頻繁にトラブルが発生致します。
その昔、KawasakiのBikeに乗っていた時にBike仲間が「少々のトラブルがあるからこそ愛着が湧く」なんて言っていましたが、私はそんな気持ちには到底なれません。

つい先だってはメーター表示器にやたらと警告ランプが点灯するので、同級生が経営する整備工場にテスター診断を受けてきました。
テスター中の車

そして今度はオーディオの故障です。
テスター診断程度の作業はロハでやって貰えるけれど、オーディオのヘッド交換もロハでとは言えないので自分で交換致しました。

以前の車に乗っていた時に使用していたオーディオの再利用なのでキチンと動くかが心配でしたが、仮接続して動作試験をしたところ動いてくれました。
トランク内のCDチェンジャー類 ←チェンジャー類を動作試験したところ

そしていよいよヘッドの交換を実施。
助手席のシートを外して作業スペースを確保しながら行ったので、作業自体は楽々に完了致しました。
車内 ←ケーブル類をカーペット下へ這わせるのが面倒なため、コンソールBOX内に収納

再利用品で代用した事により、接続ケーブルキット代の数千円で修理費が済んでホッとしています。
そろそろエアコンのガス抜け等のトラブルも心配ですが、次の車検位まで動いてくれればありがたいのですが・・・。

居酒屋タクシーに乗りたくて

たまに乗るタクシー利用の際に、巷を騒がせている「居酒屋タクシー」について企業タクシーの運転手さん数人に聴いてみました。
※企業タクシー:大和・帝都・国際・日本交通etc

驚いたのは運転手さん達が開口一番に発する言葉「あいつら(個人タクシー)汚い!」でした。
企業タクシーは今現在GPS無線配車により、配車センターでは車の現在位置や賃走・空車・予約等、車の状況がリアルタイムで確認が出来るそうで、業務中で賃走時(お客様を乗せている時)以外は常に「空車」表示でお客様を待機しなければならことが義務付けられているので、特定のお客様を乗車させる事は事実上不可能と言っていました。
一方の個人タクシーは稼ぎの良い時間帯だけ仕事をして、深夜23時頃になると霞ヶ関周辺には大量の個人タクシーが集まりだし、一般人の乗車が出来ないように「空車」表示での待機をしないそうで、官僚を乗せるために乗車依頼の一般人のお客様を乗車拒否しているそうです。

なぜ官僚を乗せたがるの?と質問してみたところ、「官僚はタクシー代も自腹じゃないし長距離のお客さんばっかりで、メーターも2万円を越えるのも当り前」だとか。
確かに毎晩2万円以上も使って貰える上顧客が居れば毎日の売り上げ目処も立つ訳で、缶ビールや商品券を渡してでも毎日利用して欲しい訳ですよね。
企業タクシーの運転手さんに話だけを聴くと、官僚だけが罰則を受けるのではなく個人タクシーの運転手も罰則を受けるべきではと思います。

因みに個人タクシーを乗る機会があったので、同じ内容の質問をしてみましたが歯切れの悪い回答でした(笑)
それから6月1日の法改正で高齢ドライバーの紅葉マーク義務化の件について文句を言っていました。
確かに「あのマーク」が付いたタクシーには乗りたくないですね。実際にお客様が半分位に減ったそうです。

皆様は個人タクシー派?それとも企業タクシー派ですか?
昔は個人タクシーが断然人気でしたが、今はどうなんでしょうね・・・。

顧客満足度

とある海外のDVDオンラインショップから複数枚のSoftを購入しましたが、注文約定のメールをから3週間も経過しても商品が届きません。
購入前の商品注文画面では商品お届けまで5〜10日と記載されていましたが、約定メールでは10日〜15日と勝手に変更になっていて、更に注文番号から発注状況がHP画面上で検索できるようになっているのですが、そちらの検索では10月30日〜11月3日が商品到着予定日となっていた。
私は5日まで到着を待って、遅延による商品のキャンセルと代金の返金を要求するメールを送ると、2日後にやっと返信のメールが来ました。
で、返信の内容は「商品発送後のキャンセルは出来ません。商品到着まで今しばらくお待ちください」のこと。契約不履行をしておきながら対応が悪いのには腹が立ちます。

それと対照で、先日の浦和レッズの対応は非常に素晴らしかったです。

既にご存知の方も多いかと存じますが、ACL決勝のセパハン戦(イラン)をオフィシャルツアーで参加した139名(正確にはサポーター135名と添乗スタッフ4名)が機体故障により、予定帰国日から1日遅れるトラブルに見舞われました。
現地には油井常務に運営の須藤氏等が残り、サポーターへの経緯説明や振替輸送、宿泊等の手配に誠心誠意を尽くした。また翌日には、成田に藤口社長、関空には中村強化本部長、セントレアには白戸広報部長が直々にサポーターを出迎えに飛び回った。
機体故障と云う不測の事態でしたが、旅行企画の西鉄旅行社よりも迅速な対応をした背景には、クラブ側がサポーターに対し心底大切だと思っているからではないでしょうか。

この過密なスケジュールの中で選手は勿論のこと、スタッフやサポーターも疲弊している事でしょう。
だからこそ全ての誇りと情熱をもって、大きな力に代えて選手を後押ししたいですね。
All Come Together! ヘッドカバー

気になることをつれづれに

ここ半月は更新が滞ってしまい、誠に申し訳御座いませんでした。
10月は身の回りに関する出来事が色々とありましたが、一番嬉しいことといえば盛岡商業高校の林君が浦和レッズへの加入が決まった事ですね。
当店は高校サッカーの指導者との懇親も多く盛岡商業高校のスタッフ様も何度か御来店頂きました。また、先の高円宮杯に優勝し日本一になった流通経済大学付属柏高校は合宿所でもお世話になりましたので、私事ですがひと際の慶びを感じております。

さて当Blogのアクセスが連日100/日を超え、見世物小屋状況に驚きを隠せないのですが、過疎だったBlogが何故アクセス数が増えたのか原因を探ってみました。

アクセス数が増えた最大の原因は「アンテナ」によるリンケージですね。
浦和系某巨大BBSに付帯するアンテナとJリーグ&日本代表の総合情報サイト経由からのアクセスが双璧です。
それからYAHOO!やGoogle等のポータルサイトからのアクセスが続きます。
気になる検索ワードですが、圧倒的に多いのが「リアド慈英蘭」でした。慈英蘭さん御本人もアクセス履歴があるらしいので、少し嬉しく思います。
その他では「升楽泡」「田口光久」「高校サッカー」などが検索上位になります。
升楽泡は永井雄一郎選手のBlogで紹介されていましたのでご存知な方も多いですよね。過去に当Blogのエントリーでも紹介致しましたので、永井選手が行きつけの店に興味を持ったサポーターの方々が検索したものと思われます。

気になる高校サッカー選手権予選埼玉大会ですが、雨天で順延になっていた2試合が10月30日(火曜日)におこなわれ、ベスト8が出揃いました。
私が応援する国際学院高校は大宮南高校に破れ、ベスト16止まりと来年のシード権を失いました。
なので、今年は個人的に親交のある正智深谷高校を、選手権では盛岡商業高校と流通経済大学付属柏高校の3校を応援します。

今朝のパルコ浦和店

フェンス囲障物も取り外され、おおよその外観が見えてきました。
パルコ全景

こちらは日の出通りに面した南側です。
ルーフ部が終わった階段部が南口のエントランスになり、当店から一番アクセスし易い入り口に成ります。
パルコ南側エントランス

そしてこちらは駅前の市民広場予定地です。
広場には植樹等を多数してもらって、水辺や緑を多くしてほしいです。
パルコ前市民広場

最後に店舗前の歩道工事ですが、歩車道境界ブロックが据え付けられ車道部は既に一般車が通行をしています。
店舗前歩道工事

目まぐるしく変化するお店の前の景色ですが、作業終了後の現場清掃ははっきり言って良好では無い。
砂埃りやコンクリート片が当店の階段部に溜まっているので、いい加減改善してして欲しいと切に思います。

ZARD 坂井泉水さんが死去

あまりにもショッキングな報道で、ただただ信じられなかった「ZARDのヴォーカル坂井泉水さん死去」の報道。
彼女はマスコミには出ることが少ないので、子宮頸癌という重い病気を患っているということも知らず、まさに2重のショックでした。

中学時代からHR/HM等の洋楽を好むようになり邦楽への興味が薄れていく中で、80年代は尾崎豊を、90年代はZARDを聴いていました。
特に90年代初頭は社会人になり立ての頃で、仕事でのストレスや人間関係等で参って居た時は彼女の音楽で精神が癒されたり励まされました。
実は私、ZARDのファンで90年代に発売されたCDは全部持っています。
ZARDのCD
1st ALBUM「Good-bye My Loneliness」と2nd ALBUM「もう探さない」が見つからなかったのですが、真剣に探せば見付かると思います。

ZARD BEST 初回限定付録写真集
これは1999年5月に発売された自身初のBEST ALBUM「ZARD BEST The Single Collection〜軌跡〜」と初回限定に付録された写真集です。
この写真集は1991年デビューからの未公開写真が多数紹介されていますが、裏表紙の写真が献花台に使われている遺影ですね。
6th ALBUM「forever you」のジャケット撮影でのカットかと思われますが、横顔ばかりしか写っていない彼女の真正面写真は非常に珍しいと思います。

坂井泉水メッセージ
そしてこちらが写真集の最後のページにあった彼女のメッセージです。

辛い病気からも解放された今、天国でも素敵な歌を唄い続けてください。
ご冥福を心からお祈りいたします。

パルコ浦和店

今秋オープン予定のパルコ浦和店です。
浦和駅東口パルコ
ビル全体の外観は完成し、残すところは内装工事だけでしょうか?
10月9日オープンとの噂があり、今から待ち遠しい限りです。

パルコ前と市民広場
こちらは駅前の市民広場予定地です。
型枠と鉄筋が剥き出しになった構造物は、地下駐車場用の換気塔ですかね?
こちらの開発計画概要を見る限りでは、路線バス等の公共交通車両は全て「計画高砂・仲町線〜浦和東口停車場線」経由で駅前交通広場(バス発着場)にアクセスするために相当な渋滞が発生しそうです。
また、パルコ地下駐車場を利用する一般車両も駐車場入り口がパルコ北側の一箇所なので、渋滞は必至ですね。

最高な一日

日付が変わってしまいましたが、2006年7月14日は私にとって最高な一日でした。
相当酔っ払っていますので、誤字脱字や乱文につきましては先に御詫び致します。

ふと気づくと私の携帯電話に駒場スタジアムから程近い産婦人科の医院長先生からの着信履歴がありました。
私はその事で、すくに状況を把握致しました。
既に昨日の浦和FM(レッズウェーブ)、渡辺達也さんの番組を聴いていた方なら御存知かと思いますが、浦和レッズサポーターではご存知で私の心の師でもある吉沢康一氏の第一子となる長男がめでたく誕生致しました。
医院長の連絡にて慌てて病院に駆けつけたものの、その日の私の行動は、その時既に決まっていたかもしれない。
義理を大切にする氏の行動は概ね私の脳内で理解していたから、当店の営業が終わった時刻に「ある店」に行けば合流できると確信できた。そこは俗に言う「力」や「浦和ポイント」とは違い、もう一つの「浦和レッズ発祥地」と言うべきお店、俗に言う“ルーツ・オブ・レッズ”で、'95・'96年にはあのウーベ・バインも愛した由緒あるお店です。
残念ながら私がお店についた時には、店主とお店を支える常連様の計らいで提供されたドンペリニョンのロゼは空瓶となっていましたが、色々な美味しいお酒の力を借りで黎明期の浦和レッズの事やその他諸々の談義と楽しい空間を堪能出来ました。
それから嬉い事がもう一つ有りました。
ゴール裏でよく使われるチャント「Hey Ho Let's Goal!」でお馴染みRAMONESのBaby服をプレゼントに御用意した粋な方が居ました。
彼は私よりも年下ながら周囲に対する“気配り”など良く理解した方で、私よりも大人に見える存在です。
そう言った理由では、これからの浦和レッズも彼に任しておけば間違いない存在となるでしょう。
文明の発展と共にインターネットが普及し、掲示板等でコミュニケーションを楽しむ時代になりつつありますが、やはり今でも人の目を見て様々な談義をする有意義さを大切にして行きたいと思っております。

衝動買いは治りません

新しいHDDレコーダーを購入以来、すっかりハイビジョン画像の虜になってしまいましたが、当店の映像分配器はS端子(コンポジット)用でハイビジョン出力が出来ず宝の持ち腐れ状態が続いていました。
当店にはハイビジョンプラズマが2基とD2端子付きの液晶TVがあるのですが、折角ならワールドカップを高画質で観たいというアホな難癖を理由にD端子(コンポーネント)用の映像分配器を購入致しました。

悪名高きソニー製の映像分配器です。当然ですがタイマー始動は366日後を予定しています。
SONY社製 D端子セレクター

実はお店を始める前に、液晶プロジェクターとハイビジョンプラズマのどちらかを選ぶのにかなり迷った事があります。
お店のスタッフの説明を受けて、双方の長所や短所を理解しながらプラズマTVを選んだのですが、私なりに思ったのは大きいだけで画質に期待出来ないプロジェクターと小さいけど高画質のプラズマTVとの印象でした。
確かにプラズマはプロジェクターの2倍の値段で相当な躊躇いはありましたが、「ただデカイだけのモリッツァと小さいけどクオリティの高い達也みたいな関係ですかね」と店員に尋ねると、店員は笑いながら「そうですね」と答えていました。
流石に浦和の電気店だけあって洒落の利く店員さんでしたが、お蔭様で後悔しない買い物が出来ました。

ページトップへ戻る▲