• <<
  • 2/2PAGES

高校サッカー選手権 埼玉県予選に行ってきました

国際学院 対 武南高校
 先日ですが、高校サッカー選手権予選を観に大宮サッカー場へ出掛けました。
既にベスト16まで出揃った大会は、ベスト8を懸ける8試合の中では強豪の武南高校に新鋭の国際学院が挑む屈指の好カードとのエル・ゴラッソの記事もあり、本拠地でJ1の大宮アルディージャの試合よりも観客動員数は多いように思えた。
試合内容は武南高校が先制し国際学院が追い付く展開に、延長戦を含めた100分間で決着が付かず、PK合戦での勝負となった。
元・日本代表GKの田口光久氏が監督を務める国際学院は、この日もGKのファインセーブにより最小失点にて抑えてきた事もあり、武南高校のキッカー4人中2人を完璧に抑えて勝利をものにした。
高体連の指導者ではGKの専門コーチが少ないが為に、PK戦となれば断然国際学院が有利と思われていたが、4人中3人のコースを読み切っていた事は恐るべき事である。

レッズランドに行ってきました


 本日は午後より浦和レッズユースと国際学院高校の練習試合が行われるとの事で、荒川河川敷にあるレッズランドへ行ってきました。

レッズランドの会員でありながら一度も利用した事が無かったので、上手い具合に利用するきっかけが出来ました。
クラブハウスからグラウンドまでは距離があるためにレンタルサイクルの申し込みにクラブハウスへ行くと、社員の河野さんが小走りで駆けつけて「メモリアルサツマ」の案内状を手渡しされた。会員当選通知の時もそうでしたが、宛先不明で案内状が戻ってしまっていた。スタッフの方々にはいつも御迷惑を掛けて申し訳ないです。

で、早速メンバー用の21段変速ギア付きATBを借りてグラウンドを目指す。
試合は既に始まっていたが、国際学院がレッズユースと対等に試合をすすめていた。実は本日、浦和レッズのサテライトが東京ヴェルディ1969と試合をしている為にユースの主力が駒場へ召集されてしまっていた。そんなこともあり試合は国際学院が勝利した模様です。

試合後は国際学院の田口監督と関口コーチ、レッズユースの広瀬治さん・堀孝史さんにジュニアユースの名取篤さんが集まり、三菱重工&レッズ即席OB会を開いているようだった。


余談ですが、昨日の浦和レッズ 対 柏レイソル戦を観戦致しました。
試合には勝利致しましたが、田中達也選手が右足関節脱臼骨折にて全治約5〜6ヶ月の大怪我を負いました。
一日も早くピッチに戻れるように心から御祈り致します。

全国高校サッカー選手権 埼玉県予選

 第84回高校サッカー選手権大会の埼玉県大会2次予選が本日より県内の各地で開催され、越谷南高校会場に行ってきました。


 昨年の予選はベスト16入り目前で強豪の武南高校を相手に0-1と惜敗し、本年度に入っても新人戦・関東予選・高校総体予選と全ての大会でベスト8入りをし、新興勢力として注目を浴びている国際学院高校 対 春日部高校の試合を観戦いたしました。
試合のほうは互いに決定力を欠き0対0のスコアレスドローとなりましたが、予選の緒戦としてはまずまずだったと思います。


 国際学院高校のベンチには、元・日本代表で浦和レッズの前身でもある強豪三菱重工サッカー部が3冠を達成した際の主力メンバーで、かつては日本テレビの生ダラにも出演していた田口光久さんと関口久雄さんが指示を送っていた。

ページトップへ戻る▲