特殊法人とマネー回収システム

本日はオカンの付添いでお茶ノ水にある順天堂医院へ。
普段はコインパーキングに駐車して、院内にあるスターバックスで珈琲を飲みながら時間を潰すのですが、連休明けのためか、周辺の駐車場は何処も満車のために路上待機となりました。

路上待機中

車を路上に停めること3分、カメラを持って早速現れる2人組の男性達。
駐車禁止の取締りが民間委託になって、自分達の給料を稼ごうと一生懸命になって違反車を探しているのだ。(多分?)
この界隈は病院銀座のように大学付属病院が連立しているので、違法駐車やタクシーの客待ちで路上駐車をしている車が多いから、彼等は自然と仕事に力が入るのだろう。

確かに人を使えば人件費がかかる訳ですが、民間委託といっても天下りだらけの特殊法人でしょ?
何だか国家権力を使ったマネー・ローンダリングのようで、非常に腹がたちます。
私は違法駐車をしないように心掛けているので、彼等の餌食にはならないですけど・・・。

それからETCについても一言いわせて!
首都高速の通行料金が割引たったの20円で、680円でした。
料金所徴収員の人件費を大幅にカットしてあげて、更にETC機材は自己負担なのに20円引きは無いんじゃない?
これも特殊法人が絡んでいるんだよね・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲