何のメダル?

第15回アジアユース大会準優勝メダル

いきなり画像からの投稿ですが、この写真の正体お分かりです?

残念ですが「聖地」駒場スタジアムそば、産科・婦人科の飯島医院で御出産された方に贈られるメダルではありません。
まぁ当り前ですが、こんなに引いた画像では判断が出来ませんよね(笑)

銀メダル表
↑第1ヒントの画像です。
メダルにはアラビア文字とIRAN 1973の英数文字が書かれています。

第1ヒントで分かった方は凄いです。相当なサッカーマニアに認定致します。(すみません、認定証は発行できませんが・・・)
実は私、実物のメダルを見ても参加賞程度のメダルとしか思わなかったのですよ・・・(汗

銀メダル裏
↑第2ヒントの画像です。
メダルには15TH ASIAN YOUTH FOOTBALL TOURNAMENTと書かれています。
これなら大抵の方もお分かりかと思いますが、正解は1973年にイランで開催されたアジアユース大会の準優勝メダルです。

1959年に始まったアジアユースは今現在「AFC Youth Championship」と名称を変え、1978年から2年に一度の偶数年に開催され、過去に34回開催されましたが残念ながら日本の最高位は準優勝(6回)で、そのうち5回がJリーグの始まった1994年以降なので、学生選手中心の1973年に準優勝は快挙と言えるでしょう。
天皇杯優勝&JSL優勝メダルもそうですが、こんなに凄いものを持っていることを私自身も理解不能なのです。


それから余談ですが駒場スタジアムそばの飯島医院では、今年はリニューアルオープン10周年目となります。
過去に5周年記念式典を行った際は引退直後の福田正博さんを御招きして、式典の最後に全体の集合写真を御願いしたところ、福田正博さん自ら「各御家族1組ごと撮りたい」と申し出て、200組以上の御子様を抱かかえて記念写真を撮られたそうです。
今年は節目の10年、どんな記念式典が開催されるか楽しみですね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲