何たる偶然

未明にガソリン価格高騰による渋滞緩和の記事を投稿いたしましたが、偶然YAHOO!トップページににも同じ内容の記事が掲載されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080707-00000001-jct-soci
−以下J-CASTニュースより一部引用−
■明らかに渋滞が少なくなった?

 首都高速道路の1日あたりの平均利用台数は、2008年5月が前年同月比1.5%減の110.9万台だった。担当者の話では、特に業務用のトラックや車が減っている。この傾向は07年冬から目立っている。07年12月の1日平均台数は前年同月比2%減の115万4090台、08年1月は0.5%減の107万3179台、2月は3.4%減の111万1658台、3月は0.8%減の118万8373台と、1〜3%の減少が続いている。もっとも、首都高の広報担当者は「微減だ」という受け止めだ。

 渋滞情報を発信する日本道路交通情報センターの担当者は、「統計的なものはないが、都内では渋滞が減っていると思う」と話している。利用者からも「以前に比べて明らかに渋滞が少なくなった」という声が上がっている。


記事の中では渋滞以外に時間貸し有料駐車場の稼働率低下も書かれていますが、確かに、以前は満車で空き駐車場を探すのが苦労していた地域も、今は楽に探せるようになったと感じています。
また、10分単位だった料金が同金額で15分単位に変更する駐車場もちらほらと出始めました。

ガソリン高騰で生じた差額も、私の場合は「空いている有料道路を走行しているつもり」と割り切っていますので車の利用を控える事は無いのですが、有料駐車場代が幾分安くなったと思うので出費は以前と変わらないと思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲