この会社ヤバくね?

ここ最近、廃棄物再利用の食品や作り置き点滴など経営者のずさんな管理から信頼を失墜させている企業の悪いニュースが相次ぎましたが、浦和レッズサポーターに対する「この会社はヤバイだろ」と思える企業を見つけました。

事の発端は「浦和レッズのアウェイゲームにいこう!!」というHPを閲覧していてのことでした。
その旅行会社へのリンクページをクリックすると、いきなり浦和レッズ北側ゴール裏とガンバ戦で初披露したドデカフラッグの画像が飛び込んでくる。
皆さんも御存知のように、スタジアム内の画像等全てにおいて「株式会社Jリーグメディアプロモーション(旧社名:Jリーグ映像)」あるいは「Jリーグフォト株式会社」が著作権を持ち、映像管理をしています。
なので、いきなり企業のHPトップページから著作権違反をしています。もうこの段階で「何でもあり」なのでしょう。

そしてこの旅行会社の扱い商品を見ると、7月12日のアウェイ大分戦の観戦プランが記載されています。
しかし良く見ると、旅行企画:レッズサポ この旅行は、受注型企画旅行になりますので・・・と書いてあります。

この段階で「ピン」と感じる方は相当な旅行に関する識者でしょう。
そうなのです。この会社の旅行業登録番号を見ると、第3種の許認可しか受けていないのです。
では第3種旅行業登録の会社が催行できる業務というと、海外・国内の手配旅行と主催旅行の代理販売しか業務が出来ないのです。

手配旅行(2005年4月の旅行業法改正以前の呼称で、現在は受注型企画旅行と呼びます)を簡単に説明すると、旅行会社が旅行者の依頼により旅行計画を作成して実施する旅行のことで、一般に学校の修学旅行や企業の慰安旅行などがこれにあたります。ですから通常では旅行参加者の募集を旅行会社がおこなう事はありません。
一方の主催旅行(2005年4月の旅行業法改正以前の呼称で、現在は募集型企画旅行と呼びます)とは、旅行会社があらかじめ旅行計画を作成して、パンフレットや広告などで参加者を募集して実施する旅行のことをいいます。

上記の理由から、旅行会社がHP上で参加者を集っているので、いくら「受注型企画旅行」ですと記載しても、実情は「募集型企画旅行」なので、資格の有さない会社が違法行為を黙認の上で旅行を催行しようとしています。

では何故、規模の小さい会社に主催旅行が出来ないのは何故か?というと、不慮の事故の際の補償があります。
御存知のようにワールドカップ観戦ツアーを主催した会社が観戦チケットを入手出来ずに破綻した会社もあるほど、小旅行会社にはリスクが伴います。
これは、旅行業者は営業保証金を供託しなければならないのですが、1種>2種>3種につれて供託金が少なくなっていきます。
簡単に言えば、小額の供託金でも小さな旅行会社が設営できる事ですが、保証能力も極めて小額になることです。

仮に事故で数名の方が亡くなられたとして、補償額が数十億円になったとしましょう。
飛行機墜落事故なら、飛行機会社が保証してくれます。
しかし空港からスタジアム間のバス移動での事故ならそうはいきません。
例えばセンターラインをはみ出して来た大型ダンプカーとの正面衝突事故や信号無視による追突事故なら過失割合がダンプカー側に10割となるので、支払能力を越えた賠償になった場合の旅行会社やバス会社は「当社の過失責任は無い」位の事は言うでしょう。
大方のダンプカーは白ナンバーの個人営業なので、数十億の支払い能力なんてあるわけがないのです。
そうなるとこれはもう悲劇です。

これが旅行会社ではなく、サポーター有志によるバスツアーなんかなら更に事態は深刻になりますよね。
掛捨て数百円の旅行傷害保険での補償額は微々たる物ですが、一家の大黒柱を失った場合の遺失利益は一人当たり数千万から億を超える場合もありますから・・・。
加害者側もバス会社も逃げてしまったら、遺族は最後にツアーを企画したサポーター有志代表に損害賠償請求をするわけですから、善意だけで経費割り勘なんてツアーは私には出来ません。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

ご無沙汰しております。

裏議からたどり着きました。

書かれていること、ずばりその通りです!

間違いはありません。

以前に、同じ業界の会社として、この会社に連絡をしたことがあるんですよ、実は。

スタジアム内の著作権についてを説いて、さらには、その請求が来たらかなり高額なものになることを伝えたんですけどね。

「これはサポーターが個人的に撮影したものだから、著作権は発生しない。営業に使用しても問題はない」と主張していました。

もう話になりません。

ちなみにこの会社、昨年の春先には、主催権がない海外旅行を販売するにあたり、「この旅行はナントカ交通社が主催する旅行です」、っていう虚偽の書面をお客様に送っていました。

あぶないったらありゃしないっす。

  • 投稿者: だいすけ
  • 2008/07/08 2:32 AM

>だいすけ様

コメント有難う御座います。
関西方面への日帰り出張など、めまぐるしく忙しいみたいですね。
そろそろ会社の「赤い稲妻大作戦!」に対抗して「若い人妻大作戦!」を決行して頂けませんか???

悪いほうのH社には呆れますね。(御社ではないですよ)
御好意の忠告を無視されてはどうにもなりません(・・・絶句)
会社が潰れようが私には関心が無いのですが、レッズサポーターが被害に遭われてしまうのは心苦しいことです。

今後は恐らくACLのツアー(海外)も企画するのではないでしょうかね。
事件・事故が起らなければ良いのですが、このような会社を取り締まる民間機関とかは無いのでしょうか?

  • 投稿者: スマ店長
  • 2008/07/08 2:37 PM

なぜか、この職業叩かれてますが、僕は保険には入ってますよ。

対人については、無制限なんで、保険屋に確認したら、相手が何人でも大丈夫と言ってましたよ。

なぜ、ここでその例えになるのか疑問です。はっきり言って不愉快です。旅行と関係無いと思います。

  • 投稿者: ダンプの運転手です。
  • 2008/07/29 1:29 PM

はじめまして、よく解らないのですが、個人企画がリスクが高いって事は「アウェイツアーだいすけ」こういうのも危険が伴うって事ですよね?

仲間10人位で、クェート行こうと思ってるんですが、HISみたいな所がいいんですかね?
阪急は中国に行った友人の評判がよろしくなかったので、あまり考えていません。仕事が保険屋なんで、休みは取れるんで、検討しています、よろしくお願いします。

  • 投稿者: 教えて下さい
  • 2008/07/29 4:56 PM

少しばかり記載内容が誤解を生じる様な気がしたのでコメントしてみます。

営業保証金はおっしゃる通り登録種別によって異なります。この保証金は該当旅行会社が倒産した場合を考慮し利用者保護の観点から旅行業協会に預け入れているもので、万が一の場合は保証金の範囲内で利用者に等分して返金されます。しかしながら死亡事故などが発生した場合は業者保険や任意の旅行保険からの保険金支払いはありますが、この営業保証金からの充当はありません。上記文面ですと、営業保証金が少ない旅行会社は事故などが発生した場合にリスクが高いかの様なニュアンスを受けますが、登録種別に関係なく大手だろうが中小だろうがリスクは同じです。もちろん加入している保険内容によって額は異なりますが、大手だからといってその差はないと思います。

ともかく、補償内容は旅行会社の規模に関係なく、その手配内容によって異なります。上に書かれた方の様に「個人旅行はリスクが高い」などと言う誤った認識を持たれるのは、旅行業界に携わる者としては容認できるものではありません。

ちなみに『仮に事故で数名の方が亡くなられたとして、補償額が数十億円になったとしましょう。飛行機墜落事故なら、飛行機会社が保証してくれます。』とありますが、アジア系航空会社だったりすると補償額は1,000万以下の場合もザラですよ。補償って程の補償ではありませんが・・・

  • 投稿者: コニ太
  • 2008/07/29 7:21 PM

スマ店長様
いろいろな事を熟知されているようですね。恐れ入ります。
私もサポを長年やっておりますし歳もソコソコ行ってますのでご教授いただきたい。今後のアウェイ遠征にも役立つ事ですし。
ご友人のだいすけさんですか、阪急交通社の、
この方は阪急交通社の社員の方のようですが、社員(個人)が自身のブログで先日の鹿島戦やACLの企画をされていますよね。
これはなぜなんでしょうか?
この方は阪急交通社に勤務をしながら、個人でも旅行代理店を経営されていると言うことでしょうか?その営業保証金を供託されての。
大手企業がアルバイトや副業を許すとは考えづらいのでからくりをお教えください。
また、この方の旅行形態はスマ店長様のおっしゃる「受注型企画旅行」ですか「募集型企画旅行」なのでしょうか?
一切明記がなされてないようですがそれは合法でしょうか。
まさか、貴殿の一文に有るように友人のだいすけさんの会社である阪急交通社さまが「違法行為を黙認の上で旅行を催行」させているのではないですよね。
灯台下暗しではないですが、ご友人である彼に注意をされた方が良いかと思われます。
一緒になって意見を交し合っているのはどうかと思われます。
スマ店長様の益々の繁栄をお祈り申し上げます。
長文失礼。

  • 投稿者: 税理士
  • 2008/07/30 12:10 AM

税理士さま

はじめまして。

疑問に思われている件を簡単に説明しますと、私の応援ツアーは受注型(手配旅行)でも、募集型(主催旅行)でもありません。

これは、旅行会社とは関係のない、まったくもっての個人旅行で、たとえば・・・、とある家族の家族旅行と同じものとお考えください。

家族の中で参加できる人数を確認して、その分の飛行機(座席)とホテルを予約して、現地に向かう。

で、行った先で観光をする代わりに、試合を観る。

バスツアーについては、地元なり会社なりの親睦旅行でバスを手配するのと同じものです。

バス会社に連絡をとって料金を調べ、参加者を募っています。

なので、上↑のほうの、「教えてください」さんの言うとおり、万が一の事故の場合でも、幹事の私は何の補償もできません。

念のために国内旅行傷害保険には全員加入しており、それが補償内容が限度です。

その意味では、「教えてください」さんの言う通り、旅行会社のツアーと比べたら、“危険”ですよね。

いわゆる自己責任の世界であり、その点はご参加者の皆様にはご理解をいただいているつもりです。

そんなツアーですが、ぜひ税理士さんも、今度ご一緒しませんか?

  • 投稿者: だいすけ
  • 2008/07/30 1:23 AM

損害賠償額が多くなると、自動車保険に意味は無いって事でしょうか?よく解りませんが、起業家の支払い能力と保険って関係あるんですかね?

そういう意味なら、高い保険料払って馬鹿らしいですよね。代理店に、このページ見させてみます。ホントだったら、貴重な情報ありがとうございます、お礼に、お店に仲間連れて飲みにいきますね!


  • 投稿者: ダンプの運転手です。
  • 2008/07/30 9:36 AM

>教えてください様
>コニ太様
>税理士様
>だいすけ様

ならびに閲覧して頂きました皆様へ


外出先機関から携帯電話を使ってレスしていますので、御返答は帰宅後におこないます。

ご理解とご協力お願い致します。

  • 投稿者: スマ店長
  • 2008/07/30 3:56 PM

いろいろありがとうございました。クェートは本日HISにて申し込みを済ませました。12人だったんで、少しまけてって言ったんですが、無理!って言われました。

次は札幌のツアー探しています、コニ太様のページも拝見させて頂きましたが、こちらのツアーもだいすけ様と同様に家族旅行の大人数みたいなもんですか?こちらで質問するべきものかわかりませんが、札幌のツアーの件数が少なかったんで教えて下さい。

上記に記載の受注型(手配旅行)になるんですかね?
募集型(主催旅行)っていうのになるんですか?

旅行業界の事はよく解らないんですが、お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

人数は10人前後です。

  • 投稿者: 教えて下さい
  • 2008/07/30 11:19 PM

>教えて下さい様

コメント有難う御座います。
私もコニ太様のツアーBlogを見ましたが、他のサポーター有志が企画しているツアー案内と違って、旅行工程の他に旅行傷害保険の内容などがキチンと明記してあるので、私個人の意思として現段階では一番申し込み易いツアーです。
コニ太様のツアー詳細につきましては、私はお答えできません。
コニ太様のBlogでは、コニ太様は2種登録の旅行会社にお勤めのようですので、国内旅行については主催旅行の催行ができます。ただ、ツアー内容に主催会社が記載されていないので、だいすけ様同様に、御勤め先とは全く別に独自企画したツアーなのではないでしょうか?

手配旅行とは教えて下さい様が旅行会社と一緒に旅行行程を練りながら計画する旅行です。
例えば、●月●日から●日間の日程で札幌旅行を旅行会社に依頼すると、移動手段や宿泊先、市内観光の方法を教えて下さい様と旅行会社で計画していく旅行です。
これが主催旅行では、旅行会社であらかじめ工程(パンフレットやインターネット等で募集している物)が決められているツアーに教えて下さい様が申し込みするだけの旅行になります。

  • 投稿者: スマ店長
  • 2008/07/31 6:29 AM

>コニ太様

コメント有難う御座います。
不慮の際の保証は、旅行会社の規模ではなく加入している損害保険の補償額に依存しますよね。
ただやはりW杯のチケット問題でパンクしたマックス・エアーサービスのように規模の小さい旅行会社では大手と比べてリスクが伴います。
こういうのは株式投資と一緒で、総資産額やキャッシュフローの無い会社に投資する人は居ないです。
自転車操業の旅行会社にツアーを申し込みする人が居ないのも当然かと私は思いますが、旅行会社にお勤めの意見は如何でしょうか?

そらから「個人旅行はリスクが高い」と利用者が思われてしまうのは、利用者個人の意思ですから、それは私にはどうにもなりません。
意思を変えていくのが旅行会社の使命なのではないでしょうか?

  • 投稿者: スマ店長
  • 2008/07/31 6:48 AM

>税理士様

コメントありがとうございます。

だいすけ様が直接書き込みして頂いたので、この件はよろしいでしょうか?


>だいすけ様

書き込みをして頂きましてありがとうございました。
誤解の生じる立場かと存じますが、これからもサポーター目線での応援ツアーを催行して下さい。

  • 投稿者: スマ店長
  • 2008/07/31 7:07 AM

だいすけさん、のブログ

↓↓これも家族旅行と一緒ですか?
私にはどう見ても旅行会社の募集型(主催旅行)に見えますが・・・。
アルバイトで相当お小遣い貯めてますね。


http://akasome.blog.so-net.ne.jp/2007-06-26
韓国遠征、一緒に行きませんか? [応援行こうぜ!]
おかげさまで、こちらでご案内している応援ツアーは満席となりました。

たくさんのお申込・お問合せ、ありがとうございました。

                          2007年7月26日



--------------------------------------------------------------------------------


AFCチャンピオンズリーグの“個人的な応援ツアー”が完成しました。

スケジュールと予算が合う方は、ぜひご一緒しましょう。



<日程>

【9月25日】

  11:30成田空港集合、13:30成田発ソウルへ、16:00ソウル着&ホテルへ、

  19:00プルコギの夕食

【9月26日】

  09:00ソウル市内観光、12:00市内レストランで昼食、13:00全州へ出発、

  17:00全州ワールドカップスタジアム到着、19:00試合観戦、21:30スタジアム発、

  25:00ホテル到着

【9月27日】

  08:30ホテル出発、11:30ソウル発成田へ、13:30成田着&解散!



<ホテル>未定(スタンダードクラス)

<航空会社>アシアナ航空

<添乗員>同行しませんが、現地ガイドと私が同行します

<食事条件>朝2回、昼1回、夜2回(2日目の夕食はお弁当になります)

<参加費用>55,000円

<募集人数>25名

<最少催行>20名

<観戦チケット>浦和応援席(ゴール裏予定)

<その他>

  ・上記参加費用の他に、航空関係の諸税約8,000円が必要となります

  ・1人部屋利用の追加代金は13,000円となり、別申込者との相部屋希望は

   お受けできません

  ・現地からの話では、浦和の応援は南側ゴール裏となるそうです

  ・旅行傷害保険は各自で加入してください



<お申込み>

以下の手順でお手続きをお願いいたします

‖緝充圓里名前、電話番号、ご住所、お電話番号(できれば自宅と携帯の両方)、

 メールアドレス(お持ちであれば携帯とPCの両方)、代表者を含めた参加者

 総数を、メールでこちらまでご連絡ください。

∪擬阿平醜みフォーム(参加者の詳細を記入していただきます)をお送りしま

 すので、ご記入のうえ返信してください。

N更圓虜能案内は、出発10日前までにお送りします。



<お申込みにあたって>

  ・代金のお支払いは、催行確定後すぐにお支払い願います。

  ・なるべくコストをかけないようにするため、申込フォーム・最終案内等のやり

   とりはメールでおこなう予定です。個人情報保護の観点から、メールでのやり

   とりを希望されない場合は、事前にご連絡ください。

  ・何らかの理由で代金が上がる場合は、その実費をご負担いただく場合がありま

   す。ただし、下がった場合はその分をお返しいたします。

  ・現地も大変混みあっているため、利用便を含めた日程の変更が発生する可能性

   があります。

  ・幹事の職場は、このバスツアーとは一切関係ありません・・・。
   旅行会社が主催する旅行と違い、日程や旅行条件が変更になったことによる補
   償はありません。



さあ、みんなで韓国に乗り込みませんか?



--------------------------------------------------------------------------------


おかげさまで25名様は満席となり、その後35名様まで増席いたしましたが、満席となりました。

多数のお申込み、ありがとうございました。

<7月26日>

  • 投稿者: 浦和在住財団法人の職員
  • 2008/07/31 10:28 PM

だいすけ様

スマ店長様に変わりご説明いただき有難うございます。
ただ良く理解できないのが、家族旅行の家族や地元なり会社なりの親睦旅行は不特定多数ではなく予め情報のある特定の方と思われます(まぁ、中には特定の方のお知り合いだったりが飛び入り参加する場合も有るでしょうが)。だいすけ様は自身のブログで特定の方のみに参加者を募っていたとの事ですか。
何方でも閲覧できる場所でですよね。
貴殿からのせっかくのお誘いですが、見ず知らずの方(これって募集じゃないんでしょうか?)のまた、背任行為紛いの片棒担ぎに加担する気はございません。
参加するなら阪急交通社様の「赤い稲妻」と言うのにしときます。

スマ店長様

 お見事です。ご友人の代弁内容を「誤解の生じる立場」でお済ませになられるなんて。

  • 投稿者: 税理士
  • 2008/07/31 10:30 PM

>浦和在住財団法人の職員様

コピー&ペースト有難う御座います。
当BlogのURLも併記の上、だいすけ様のBlogに書き込みすれば宜しいのではないのでしょうか?
私からの回答はこれ以上できません。
謹んで御詫び申し上げます。


>税理士様

わが国の法律に於いて、旅行会社勤務者が所属会社と一切無関係な旅行企画を禁止しているのなら、私は明らかな知識不足です。
その他では阪急交通社が労働規定で同様な事を禁止しているのなら、私は阪急交通社の労働規定集を見たことが無いので、御勘弁願いたいです。

だいすけ様のツアー企画に関してはサポーターの一個人が企画したものとの認識なので「誤解の生じる立場」と表現いたしましたが、もしも税理士様の云う背任行為となれば、だいすけ様はとっくに会社を解雇されているか、もしくは損害賠償訴訟を起こされていると思います。


最後にこれは私の持論です。

我が国は、自由経済社会です。
このような経済社会では、企業が競争しあって発展します。その競争が公正で自由に行われるように、企業活動の基本的ルールを定めているのが独占禁止法です。これは、交通がスムーズに流れるように、交通ルールが設けられているのと同じ趣旨です。

企業は、「公正かつ自由な競争」により創意工夫を発揮して、品質の良い安い商品やサービスを消費者に提供し、その結果、利潤という報酬を得ることができます。また、消費者は企業の提供する商品やサービスのうちから、安くて優れたものを選ぶことができるわけです。

これは企業に拘らず個人間の商取引にも同じ考えを持っているので、私の脳内に「小遣い稼ぎ」なんて言葉はありません。

  • 投稿者: スマ店長
  • 2008/08/01 3:39 AM

今まで発覚していなかっただけかも知れませんね。
だとすれば、処遇は今後ではないでしょうか?

  • 投稿者: 税理士
  • 2008/08/01 5:49 AM

以前はいろいろありがとうございました。保険屋呼んで聞いたところ、保険には特に問題なないようだったんで、安心しました。

仲間数人で、クェート行こうかなと思い、ツアーを探していましたら、だいすけ様のページが削除されておりました。激務でお身体でも壊してしまったんですかね?もう募集はしていないんですか?

ご友人のようなので、こちらに書き込みさせて頂きました。

  • 投稿者: ダンプの運転手です。
  • 2008/08/07 11:14 AM

>ダンプの運転手様

御忙しい中でのアクセス、またはコメントを頂きまして有難う御座います。

アウェイだいすけ様のツアー、ACLの観戦ツアー詳細がなくなりました。
それから、当Blogへの誘導記事もなくなりましたね。
色々あっての事でしょうが、削除するなら最初からUPすることも無いのに(苦笑)

Blog自体は残っていますので、いい加減な人ではなければBlogに何かしらのコメントでも発表させるのではないでしょうか?

  • 投稿者: スマ店長
  • 2008/08/09 7:34 AM

コメントする

ページトップへ戻る▲