次世代OS Windows7を試してみた

現在は使用しなくなったPCを再利用して、次世代OSのWindows7をインストールしてみました。

再利用PCのスペックは次のとおり
筐体:Asus Terminator2-P
CPU:Pentium4 2.53MHz
Mem:512MB×2=1GB DualChannels
GPU:Onbord Intel 865G
HDD:Maxtor DiamondMax10 6L250R0 250GB P-ATA133
CDD:Pioneer DVR-115 P-ATA

Windows XPなら十分に使えるスペックですが、今現在のWindows Vistaでも厳しいスペックですね。
試験端末ならではの仕様なので期待できる成果はあげられませんが、せめてDVI‐D端子の付いたAGP規格のグラフィックカードは用意しないといけません。

インストール最初の画面
Windows7 setup

これがログイン画面
Windows7 Login
インストール画面同様に現行OSのVistaと同じログイン画面でした。
驚いたのはBeta配布でUltimateグレードです。

こちらはデスクトップ画面
Windows7 Desktop
基本的にはVistaと同じですが、ツールバーのGUI表示が若干違っています。

アプリケーションソフトはまだまだ動作確認できていないのですが、Norton InternetSecurity2008はインストールできませんでした。
Windows7 with Norton2008

ちなみにAsus Terminator2-Pは付属のドライバーCDを一切使わずに、OS標準のドライバーを自動で当ててくれました。
Windows エクスペリエンテスインデックススコアは次のとおり
総合評価:1.0
プロセッサ:3.4
メモリ(RAM):4.4
グラフィックス:1.0
ゲーム用グラフィックス:1.0
プライマリーHDD:5.0

時間が許す限り、できるだけ情報を公開したいとおもいます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲