• 1/1PAGES

“おどう”は元気だす!

久しぶりに早めの帰宅となったため、浦和駅西口にある「なまはげ亭」へ繰り出す事に。
実は15日に田口光久氏とお会いした際になまはげ亭が1週間お休みしていると聞き、田口氏が非常に心配していました。
なまはげ亭店主のおどうは田口氏の同郷の先輩にあたるのですが、おどうの気さくな人柄な為か気兼ね無く利用しています。

20時40分頃に入店をしたのですが、店内は既に8割の入り具合。
駅からの途中の店は経済不況のためか何処も閑古鳥状態なので、おどうの体調を心配してか否か、なまはげの常連さんは非常に心温まる御客様が多い。

ここでは私のお気に入りの米焼酎「なまはげ」を飲んでいます。
米焼酎なまはげ@なまはげ亭・浦和
燻りガッコや豚角煮、新鮮な刺身は本当に絶品ですが、この季節はきりたんぽ鍋は他では食べられないおいしさです。

一人寂しく飲むのも粋なのですが、仕事帰りに立ち寄れるのならと秋田出身で浦和在住の根本君と香代子さん・スーパーサブと巷では有名だった前橋商の関ちゃんにメール送信。
驚いたのはメール送信直後に田口氏からの電話着信。
なまはげに行く事を一切知らせていないのに…たまに体内にGPS装置を埋め込まれているのではないかと思うときがある。
忙しい中駆け付けてくれた根本君も同じような体験を良くするそうで、田口監督は透視の超能力を身につけているのかもしれない(笑)

さてさて今年もなまはげ亭では、恒例の花見を3月下旬頃に開催するそうですよ!

また、やらかした

先日の泥酔に飽き足らず、本日も泥酔になりました。

1軒目は浦和の玉蔵院傍のイタリアンレストラン「サムシング」
サムシング
元:埼玉新聞社記者で現在はフリーのライターとして各方面で活躍中の河野正氏が発起人となってスマ時代の御客様が集まった宴会に参加致しました。
本当なら「スマ」で忘年会をやりたかった事ですが、この様な事態になった事に本当に申し訳ない気持ちで一杯です。
その後私は別の宴会があり、1軒目のサムシングで失礼をしなければならなかったのが心残りです。

2件目は北浦和にあるジンギスカン料理の「十勝平野」へ
十勝平野@北浦和
この宴会もスマ時代の御客様が企画した宴会なのですが、奥様の帰省中で埼玉在中の森山泰行さんのスケジュールと合致した宴会です。
既に1軒目でワインを1本空けて居るのですが本日は吸い込みが非常に良く、アルコールの摂取はいつに無く捗りました。
宴会の席には全国高校サッカー選手権出場者も多く、その話題には尽きないほど。
クレイジーコールズの面々は驚くほどに、各ジャンルのサッカーに精通しているので、今の浦和ゴール裏が物足りなく見えるのは仕方の無いことだと思いました。
十勝平野@北浦和
まぁでも、それ以上に「遊び方」を知っている大人の集団なので、本当に楽しかったです。

3軒目は北浦和東口に移動し、焼き鳥「亜鳥」へ
亜鳥へ移動したところまでは記憶にありますが、その先の記憶が断片的に無くなっていていました。
翌日の吉沢康一さんのTelで時系列を知ったときは、大きな迷惑を掛けていなかったと正直ホッとしました。

余談ですが、28日に我家の給湯器が壊れて風呂の沸しやお湯すら出なくなりました。
修理には20諭吉以上が必須となり、かなり凹んでいます。

ちどり足と帰巣本能

昨日の事なのですが、仕事収めの打ち上げを中野新橋界隈で行ないました。
18時開始の1軒目の小料理屋での宴会はうっすらと記憶があるのですが、その後の行動が全く記憶に残っていません。
勿論ですが、自宅までの交通手段も分かりませんでした。

驚いたのは、全く記憶には残っていない行動が携帯電話のカメラに撮影されていました。
泥酔状態の自分自身がこんなに冷静な行動をしていた事にビックリです。

写真記録を時系列でご紹介。
1.東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 23:48分
中野新橋@丸の内線

2.東京メトロ丸の内線 中野坂上駅 23:51分
中野坂上@丸の内線

3.東京メトロ丸の内線 新宿駅 23:56分
新宿駅@丸の内線

4.JR山手線 新宿駅 0:02分
新宿駅@山手線

5.JR京浜東北線 田端駅 0:22分
田端駅@京浜東北線

6.JR京浜東北線 北浦和駅 0:59分
北浦和駅@京浜東北線

7.百歩ラーメン店先 1:20分
百歩ラーメン@北浦和

8.百歩ラーメン注文 1:28分
百歩@百歩ラーメン

9.百歩ラーメン 替え玉+高菜トッピング 1:36分
百歩替え玉@百歩ラーメン

携帯にはここまでの写真が記録されていましたので、恐らくは百歩からは徒歩での帰宅だと思います。
着ていた服が無造作に脱ぎ捨てられていたのは言うまででもありません。

今朝の新聞から

ヒューガルデン・ホワイトでお馴染みのインベブ社(ベルギー)が、バドワイザーでお馴染みのアンハイザー・ブッシュ社(アメリカ)を買収することが合意した模様です。

新聞記事

両社は数年前がら業務提携を行っていましたので、恐らく敵対的買収ではないのでしょうね?
一時期はヒューガルデン・ホワイトのケグ(樽生)が品薄により、アメリカを除く全世界の市場から消えましたが、最近は安定供給されるようになりました。
しかし今回の企業買収により、両商品がどのように変わるのか、また、新しい商品が開発されるのか非常に興味が沸くところです。

それからビールファンの方へお奨めのビールがあります。
世界が認めたビールなのですが、日本人にはイマイチ馴染みのないブルワリーです。

瓢湖屋敷の杜ブルワリー
通信販売でも入手が可能ですが、是非ともブルワリーで飲んで頂きたいですね。
場所は新潟県阿賀野市にあり、アルビレックス新潟の本拠地ビッグスワン競技場から車で1時間弱の距離です。
今年は10月26日(日曜日)の午後2時キックオフなので、時間的には中途半端で難しいとは思いますが、興味がありましたら足を運んでみて下さい。

もう一つは天王洲にあるT.Y.HARBOR BREWERYです。
こちらは浦和レッズオフィシャルサプライヤーでもあるナイキ社の全商品が半額で購入できるShopのエンプロイストア真裏にありますので、何かの機会でエンプロイストアに行ったときにでもお立ち寄り下さい。
何種類かの変わった「天王洲エール」が堪能できます。

記念ワイン

本日は珍しいワインが入荷したので、この面白みの無いブログに書こう。
但し当店はワインを扱って居ませんので、御注文をされても提供出来ないことを先に申し上げます。

今回入荷したワインは「第85回全国高校サッカー選手権大会」で見事初優勝を成し遂げた盛岡商業高校の優勝記念ボトルです。
盛岡商業高校 高校サッカー選手権優勝記念ワイン

試飲をした訳でもないのですが、おそらく「ワイン」と呼べるだけの熟成をした代物では無いと思います。
そしてこれは2006年12月2日にギド・ブッフバルト監督が来店の際に浦和レッズのJリーグ初優勝を記念に乾杯したワイン(Ch. Lafite Rothschild)です。
Ch. Lafite Rothschild 1994 ギドと乾杯したワイン
こちらのビンテージは1994年、ギドが初めて浦和に来た年の物で、本当に美味しい飲み頃になるにはまだまだ早いのですが、あの日あの空間で飲んだこのワインはロマネコンティよりも遥かに美味しい筈なのです。
だからこそ今回の盛岡商業優勝記念ワインも、コルクを開ける時の瞬間はどのような時期かを考えたいです。
まぁ偉そうな事を言っても、斎藤重信監督が遊びに来たら何のためらいも無く開栓しちゃうかも知れませんが(笑)

それから余談を一つ。
J2でいまひとつ波に乗れなかったセレッソ大阪の都並監督と西村GMが解雇されました。
当店は日本サッカー界で功績をあげた方々の来店も多くこちらの会合等でお会いしたこともあるので、今回の人事発表は非常に残念です。
御二人の今後の御活躍を心から御祈り申し上げます。

浦和レッズなカクテルを創ってみた

閉店後に行うビールサーバー洗浄の合間を利用して、浦和レッズなカクテルを何種類か創ってみました。
その中でもとびきりの旨いカクテルは、長谷部誠選手をイメージしたカクテルです。

甘いマスクに似付かぬプレイで相手チームを一瞬にしてパニックに陥る必殺パスは、いつ見ても爽快です。
そんなスイートで甘さウットりなショートカクテルはこちら
長谷部なカクテル

ヘイゼルナッツリキュール、アプリコットブランデー等の材料をハードシェイクし、ムース状になった表面にバンホーテンのココアパウダーをトッピング致しました。
なお、お店で注文頂きましても作りませんので、あしからずです。

その昔、浦和レッズ優勝記念特別号としてFootivalより発売された雑誌「It's Only Urawa REDS」の表紙を飾ったのが長谷部選手でしたが、裏表紙より数ページめくった所に私が掲載されています。まぁ簡単に言ってしまえば、今回このカクテルは夢のコラボレートみたいな物なのです。 ←嘘です

美味しいお酒が飲めるお店

皆様はどのような時に酒場へ足を運びますか?
私の場合はストレス解消と安らぎを求めて酒場へ行きます。
人それぞれによって好みのお酒の種類や気に入ったお店は区々ですけれど、私はBARで飲むのが大好きで、その正反対にチェーン居酒屋などは殆ど行かないです。
多分思考が偏りすぎているからと思いますが、気に入るお店の必須項目は旨い酒と癒される雰囲気・空間が無いと駄目です。
そんな私が今良く行くお店は、当店と同じ浦和駅東口で兄弟が切り盛りする「T's BAR Bros」さんです。
かつては浦和の10番ウーベ・バインがこよなく愛したお店として有名な「フローリック・ルーム」と「ピッツ・タッツ」の2店舗が浦和駅東口再開発事業のために今の場所(東急スポーツクラブ・オアシス南隣)に移転し、2004年11月に営業再開を致しましたが、浦和の重鎮達が集う店として今でも常連さん達から熱い支持を受けている。

 これは浦和レッズが2004年2ndシーズン優勝した日に来店したギド・ブッフバルトのサインですが、この日にギドが来店する事を考えればBrosの凄さが御理解頂けると思います。



とにかくスコッチ・バーボン等のウイスキーの品揃えが豊富で、静かにお酒を楽しみたいと思う方には最高の隠れ家です。

ページトップへ戻る▲